歯科医師になるための費用

歯科医師になりたい、そういった夢を抱いている人も多いと思います。
歯科医師になるためには、歯科医師を養成する過程のある大学で6年間、歯科医師に必要な教育を受けなくてはいけません。
そのために高校時代から、歯科医師になるために必要な選択科目を取捨選択する必要があります。
また、歯科医師になりたいという夢を持つのであれば、歯科医師になれるまでの資金も準備しておく必要があるでしょう。
歯科医師養成大学でかかる費用は私立大学コースですと、どんなに安い学校でも入学から卒業まで3000万円はかかります。
入学金が1000万円、そのほかに毎年の授業料が350万円、これが6年間ですから2100万円、計3100万円。
もっと高い大学も多いので気になるのであれば各大学のホームページやパンフレットなどで確認したほうが良いと思います。
国公立大学になると金額はかなり変わってきます。
入学金が30万円、毎年の授業料が30万円として6年間で180万円、計210万円と私立大学の約1割ほどで授業を受けることができます。
このような費用の違いから、金銭的に非常に余裕のある人でないと私立大学の歯学部は受験できないことになりますから、国公立大学の歯学部は非常に競争率が高くなります。
さらに本気で歯科医師を目指す人は、参考書や専門書など、自分で勉強するための本なども必要です。
そう考えると歯科医師になろうかなと思い始めた段階から資金を準備しておかなければ歯科大学に入ることは難しいでしょう。

固定ページ